お気に入りに追加

MainConcept Reference V1.0.0

スポンサードリンク

「MainConcept Reference」は、MPEG, H.264, VC-1, DV ビデオを作成する、エンコード・トランスコードソフトです。

MainConcept Reference
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2008-01-10
対応OS: Windows Vista,Windows XP,Windows 2000
ファイルサイズ: 26.5MB
ソフト作者: 

対応言語

MainConcept Reference V1.0.0】の開発者説明

Advertisement
MainConcept Reference は業界に良く知られている MPEG Encoder と H.264 Encoder の後継バージョンです。この新しい変換アプリケーションにはほぼ全ての MainConcept コーデックが含まれております。多くのフォーマットにビデオを変換することができます。MainConcept Reference のメインアプリケーションから全てのコーデックを体験版として利用できます。この新しいモジュールベースのアプローチで、ほかのコーデックを体験しつつ、お客様が必要とするコーデックだけを製品版に切り替えることができます。
長年間にわたって、デジタルビデオを保存することはかなりの難題でした。データ量の膨大なビデオファイルを保存するのにかなりのディスクスペースが必要なのです。この問題を解決するために数々の圧縮手法が紹介されましたが、多くの場合に品質の劣化は避けられません。さて、ビデオ作成や放送業界に最適なビデオフォーマットは何でしょう。この問題に答えるために、やはり全てのコーデックを試し、その中からケースバイケースで最適なフォーマットを決めなければなりません。従って、MainConcept はこの要望に応えて、良く利用されている評判の高いコーデックを一つのパッケージにまとめました。お客様は必要に応じて必要とするものだけを選べば良いのです。



MainConcept Reference の体験版には多くのコーデックの体験版が含まれております。お客様はこれらのコーデックを自由に体験することができます。エンコードしたビデオ素材には MainConcept ロゴマークの透かしが入りますが、ソースのビデオは影響されません。MainConcept Reference の体験版には次のコーデックが入っております。

MPEG-1 と MPEG-2
H.264/AVC (MPEG-4 Part 10)
H.264/AVC (MPEG-4 Part 10) Pro
VC-1 Consumer Version
VC-1 Professional Version
DVCPRO 25/50
DVCPRO 100 (HD)
JPEG2000

Windows 版があります(Linux と Mac OS X 版は近頃リリース予定)
プラグ可能な入出力フォーマット
任意の入力サイズからのアップ・ダウンスケーリング
フレームレート・サンプルレート変換
MainConcept コーデックの全機能をサポートします
多くの出力フォーマットのプリセット
バックグラウンド処理のためのウォッチフォルダ機能
エンコーディングの際のビデオ開始・終了時間(in/out point)の指定
チャプターをサポート
バッチエンコーディング:複数タスク対応、各タスクには複数の入力ファイルを処理可能
バッチリストの保存・復帰
エクスプローラからバッチタスクへドラッグアンドドロップ
出力ファイルサイズの指定
異なる入力ファイルからのストリームをマルチプレクスする
入出力ファイルを外部プレーヤーで再生できます
全てのサポートしているプラットフォームに一つのシリアル番号だけ

プログラム関連 MainConcept Reference

別の言語で MainConcept Reference をレビューする

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com